このページのメインコンテンツへ移動
  1. 日本福祉大学後援会トップページ
  2. 後援会について
  3. 後援会概要

後援会概要

日本福祉大学後援会は『日本福祉大学の教育と研究活動に対する後援・援助及び文化的諸事業等をとおして、大学の充実・発展を図り、もって我が国の文化の向上に寄与すること』を目的として、1988年に設立されました。主な構成や事業については以下のとおりです。

後援会会員構成

  • 日本福祉大学通学課程保護者、通信教育部学生(本人)
  • 後援会役職経験者
  • 法人会員

主な事業

1.本学学生の課外活動・国際交流・就職活動等助成・サークル活動を支援し、備品や資金援助を行っています。

  • 本学学生の課外活動・国際交流・就職活動等助成
  • サークル活動を支援し、備品や資金援助を行っています。
  • 海外研修奨励金制度を設けて、渡航費用の援助を行っています。
  • 就職活動の一助となる冊子や備品の援助を行っています。
  • 通信教育で学習する学生の学習支援を行っています。

2.全国主要都市での文化講演会の開催(2017年度)

全国8箇所(名古屋、大阪、静岡、岐阜、松本、富山、高松、群馬)にて開催し、大学近況報告・保護者懇談会・文化講演会を執り行います。

3.大学の教育と研究活動への支援と文化的諸事業の推進

4.会員の交流・大学と会員相互の交流

5.通学課程新入生に入学記念品を贈呈しています。

6.大学後援会会報「エスパシオ」の発行

大学の近況や学生の活動内容についてインタビューを行い、年1回(2月)に発行しています。