このページのメインコンテンツへ移動

日本福祉大学セミナー(全国各地)

東京会場(飯田橋レインボービル)

開催概要

開催日2015年 9月26日(土)
会場飯田橋レインボービル
所在地東京都新宿区市谷船河原町11番地
TEL: 03-3260-4791
アクセスJR総武線飯田橋駅西口または、
地下鉄有楽町線・南北線・東西線・飯田橋駅神楽坂B3出口より徒歩約5分

文化講演会

協力: 日本福祉大学東京地域同窓会
後援: 東京都、新宿区、東京新聞、公益社団法人東京社会福祉士会

『高齢者の社会的孤立をめぐる地域福祉実践の評価と課題』

近年、独居高齢者の増加等により、高齢者の社会的孤立やその帰結としての孤立死・孤独死問題への関心は高まっています。こうした中,国内では全国的に社会的孤立の軽減にむけた様々な地域福祉実践が展開されておりますが、その実績や課題の評価はほとんど蓄積されておりません。これまで自身が取り組んできた限られた研究活動の経験を踏まえて、高齢者の社会的孤立に関する研究の到達点とともに、今後の社会福祉領域で求められるであろう能力・視点と「ふくし」教育の実際を取り上げます。

講 師

斉藤 雅茂(さいとう まさしげ)

日本福祉大学社会福祉学部准教授

2009年上智大学大学院総合人間科学研究科修了。東京都長寿医療研究センター研究生・協力研究員、日本福祉大学地域ケア研究推進センター主任研究員を経て、2012年に日本福祉大学赴任。

専門分野・研究テーマ

高齢者福祉、社会老年学、地域社会学、地域福祉

著書

『ケアと健康;社会・地域・病い(ケア講座第5巻)』(共著、ミネルヴァ書房、2014)、『実践を変えるための社会福祉調査』(共著、春秋社、2013)、『ソーシャル・キャピタルで解く社会的孤立-重層的予防策とソーシャルビジネスへの展望-』(共著、ミネルヴァ書房、2013)

論文

「健康指標との関連からみた高齢者の孤立基準の検討;10年間コホート研究より」『日本公衆衛生雑誌』62(3): 95-105.2015年. 、Relative deprivation, poverty, and subjective health: JAGES cross-sectional study. PLoS ONE. 9(10): e111169. 2014.  、 「高齢者における相対的剥奪の割合と諸特性;JAGESプロジェクトによる横断調査より」『季刊社会保障研究』、2014年 、 「高齢者の生活に満足した社会的孤立と健康寿命喪失との関連:AGESプロジェクト4年間コホート研究より」『老年社会科学』35(3):331-341、2013年(学会論文賞受賞)をはじめ多数。

学会・社会的活動 等

日本老年社会科学会(査読委員2013~)、日本地域福祉学会(編集委員2014~)、日本公衆衛生学会、日本疫学会、高齢者虐待防止学会などに所属。NPO法人ひょうたんカフェ理事

タイムスケジュール

時間帯催事名
12:30~受付開始
13:00~14:20文化講演会
14:30~15:15大学説明会(大学近況・就職)
15:20~17:00グループ相談会

会場案内(飯田橋レインボービル)

住所:東京都新宿区市谷船河原町11番地

お申し込み方法

開催日1週間前を目安に、以下の方法でお申し込みください。

  1. 郵送でのお申し込み
    5月中旬にお送りした『日本福祉大学セミナー「各地域会場 申込用紙」』に必要事項をご記入の上、返信用封筒にてお申し込み下さい。
  2. ホームページからのお申し込み
    専用申し込みフォームより、お申し込みいただけます。

受付は終了しました。
多数のお申し込み、誠にありがとうございました。

お問い合わせ先

日本福祉大学 後援会事務局

〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-22-32
TEL: 052-242-3045 FAX: 052-242-3046