第33回 日本福祉大学 社会福祉セミナー in 福岡

「アート × ふくし」

~地域共生社会の実現に向けて~

artwork by PICFA

日時 2021年11月27日(土)
13:30~16:30
会場 電気ビルみらいホール

福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館4階

同時配信 日本福祉大学公式Youtubeより同時ライブ配信
参加費 無料
申込方法 下記フォームよりお申し込みください。
お申込みいただいたアドレスに視聴するためのURL又は、ご来場の案内等をお知らせします。
申込締切

【会場受講希望の方】

11月12日(金)定員150名予定・先着順

【WEB視聴希望の方】

11月24日(水)

申込後の流れ

・申込受付後、自動返信メールにて申込受付メールを送信します。
※自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられたり、迷惑メール防止機能により受信拒否されている可能性があります。予めseminar-a@ml.n-fukushi.ac.jpからのメールが受信できるようドメインの設定をお願いします。

・会場受講をご希望の方には、11月17日(水)に、ご来場の案内連絡を送信します。

・Web視聴をご希望の方には、11月24日(水)に、ライブ配信視聴用のURLを送信します。
 メールが届かない場合は、問い合わせ先までご連絡ください。

金澤翔子さんより開催に向けたメッセージ

セミナー当日の「オープニング(映像配信)」で登場していただく金澤翔子さんから開催に向けたメッセージをいただきました。

果たして何という文字を書いていただいたでしょうか?
ヒントはセミナーのテーマです。
セミナー当日をお楽しみにしてください。
皆さまのご参加をお待ちしています。

プログラム

13:30~13:40
オープニング
書家 金澤 翔子 氏(日本福祉大学客員准教授)揮毫配信
13:40~13:55
学長メッセージ
児玉 善郎 氏(日本福祉大学 学長)
14:00~14:50
トークショー

「がばいばあちゃんが教えてくれたこと」

島田 洋七 氏

PROFILE

オスカープロモーション所属。1950年広島生まれ。小学2年から中学3年迄の8年間を佐賀で暮らす。現在も佐賀在住。
B&Bとして70年代に多くの漫才コンテストで賞を受け80年代漫才ブームの牽引者となる。
著書「佐賀のがばいばあちゃん」は、累計販売部数1,000万部を超える大ベストセラーとなり、映画・ドラマ・舞台化もされ、祖母との生活を基に語る講演会は爆笑と感動を呼ぶ。
著書「洋七・おかんのがばい介護日記」にて義母の介護を明るく前向きに記す。

15:00~15:20
特別プロジェクト
学生参加型のアート企画を映像配信
15:20~16:30
パネルディスカッション

「アートから生まれる素敵な関係 福祉×地域×社会」

コーディネーター 野尻 紀恵 氏(日本福祉大学 社会福祉学部 学部長 教授)
パネリスト 原田 啓之 氏 (障害福祉サービス事業所 PICFA施設長)(同窓生)
樋口 益次郎 氏(ひぐちグループ 代表取締役社長)
竹下 いおり 氏 (株式会社ワイズアップ 取締役)

PICFAとは

2017年7月、佐賀県基山町にて350年続く医療法人清明会きやま鹿毛病院内に開所した就労継続支援B型の障がい者施設。
主に「絵画」「デザイン」「ライブペイント」「壁画」「ワークショップ」等の創作活動を軸にグローカルに活躍中。

《同時開催》

FUKUSHIアート展

日時:11月27日(土)13:30~16:00

場所:電気ビルみらいホール ロビー・ホワイエ

PICFAで制作した作品の展示・販売、ライブペイントを行います。
また、これまで企業・自治体等とコラボした企画の紹介等も展示します。
アート展は事前予約不要です。お気軽にお越しください。

諸注意事項

※今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、本セミナーの開催を中止とする場合もございます。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

※会場にご入場いただける人数等についても、急遽変更となる場合がございます。

※会場受講の際は、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として以下のご協力をお願いします。

・マスクの着用・入場時の手指の消毒・体温チェック(37.5度以上の発熱症状がみられる方のご入場をお断りさせていただきます。)など、会場受講申込の方に別途ご案内いたします。

問い合わせ・申込先

日本福祉大学 後援会事務局(教育文化事業係)

〒460-0012 名古屋市中区千代田5-22-35
日本福祉大学 名古屋キャンパス

配信拠点について

ご自宅等に通信環境がない場合やライブ視聴の方法が分からない方は、以下の配信拠点でも視聴が可能です。
配信拠点には定員がございますので、お申し込み前に上記の問い合わせ先までご確認ください。

《配信拠点》

※( )内の数字は定員数 ※豊橋オフィス・福岡オフィスは除きます。

日本福祉大学社会福祉セミナーとは

 大学と同窓会、後援会の三者が主催する「日本福祉大学社会福祉セミナー」は、今年で33回目の開催となります。
 第1回目は1987年11月8日に広島市で開催。
 開催の経緯を辿ると、1976年から開催されていた本学社会科学研究所(現:福祉社会開発研究所)の「夏季大学」にさかのぼります。当時夏季大学は、卒業生を含む社会福祉関係職員の現任教育の場として、毎年名古屋市内で開催。名古屋市内にとどまらず「全国各地域でも開催を」という卒業生の声を受けて、大学と同窓会が主催する「社会福祉セミナー」が誕生しました。
 以降、毎回開催地となる地域同窓会を中心に実行委員会が組織され、社会福祉をめぐるその時々のテーマを設定し、地域独自の特色も加味したセミナーの実現に向け、地域同窓会、同窓会、大学が一体になって回を重ねてきました。
 その後、2008年からの学部・学科増に対応して福祉を軸としつつも幅広いテーマを扱うセミナーとして開催することとなり、主催に後援会も加わり開催することとなりました。同窓生、後援会の会員を中心に一般の皆様にも公開して回を重ね、直近10年間だけでも約3000名に聴講いただきました。
 2020年度(兵庫県開催)は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、初のオンライン形式での開催となりました。遠方の皆様にも気軽に参加いただける形となり、約400名にご視聴いただきました。
 今年度は福岡からオンラインでお届けいたします。皆様のお申込みをお待ちしています。

主催・協力・後援

主催: 日本福祉大学/日本福祉大学後援会/日本福祉大学同窓会/日本福祉大学福岡県地域同窓会
協力: 日本福祉大学九州・沖縄ブロック同窓会/日本福祉大学社会福祉学会/株式会社エヌ・エフ・ユー
後援: 福岡県/福岡市/社会福祉法人福岡県社会福祉協議会/社会福祉法人福岡市社会福祉協議会/公益社団法人福岡県社会福祉士会/NHK福岡放送局