日本福祉大学 履修証明プログラム
性暴力被害者支援看護職(SANE)
養成プログラム 2020

SANE養成プログラムは、性暴力被害者の多様なニーズに対するケアを総合的に提供するために構造化されたプログラムです。この講座は日本福祉大学履修証明プログラム(文部科学大臣認定「職業実践力育成プログラム (BP)」に採択)として開講されます。受講にあたっては必要書類を揃え、申込の上、選考を受ける必要があります(詳細は募集要項で確認してください)。

対象 大学入学資格を有する看護職で、かつ、性暴力救援センターで実践予定あるいは本領域に興味をお持ちの看護職のみなさま
会場 日本福祉大学名古屋キャンパスおよび名古屋第二赤十字病院
受講料(税込) 本学園関係者(卒業生含む)、愛知県性犯罪・性暴力被害者支援事業の対象者
96,000円
上記以外の対象者
106,000円

※別途テキスト「フォレンジック看護(医歯薬出版)」代金(3,960円:税込)必要

申込期間 2020年7月13日~8月20日
(当日消印有効

※開講にあたり講義会場では、新型コロナウイルス、その他各感染症の拡大防止対策として、受講生ご自身の体調チェック、マスクの着用や消毒等の衛生対策、換気の徹底を行う予定です。
また、状況に応じて、講義形態を変更する可能性(インターネットの活用等)もありますことを、あらかじめご承知ください。

※令和元年12月、日本福祉大学履修証明プログラム「性暴力被害者支援看護職(SANE)養成プログラム」は「職業実践力育成プログラム (BP)」として採択されました。
https://www.n-fukushi.ac.jp/news/19/191219/19121901.html

募集要項等の内容をご確認いただき、
必要書類をご準備のうえ、お申し込みください。

<提出書類用様式:必要に応じてご利用ください>

問い合わせ・申込先

日本福祉大学社会福祉総合研修センター

〒460-0012 名古屋市中区千代田5-22-35

主催・協力

主催: 日本福祉大学
協力: 名古屋第二赤十字病院性暴力救援センター日赤なごや なごみ
一般社団法人日本フォレンジックヒューマンケアセンター