このページのメインコンテンツへ移動

沿革

昭和
28年 4月 中部社会事業短期大学(日本福祉大学の前身)開学
(校地:名古屋市昭和区杁中)
32年 4月 日本福祉大学開学(校地:杁中)
33年 4月 日本福祉大学附属立花高等学校開校(大学と同一校地)
初代校長 鈴木修学先生
34年 4月 附属立花高等学校移転(大学校地より東500m昭和区山里町)
37年 6月 校長 鈴木修学先生死去
37年 7月 校長に鈴木宗音先生就任
43年 9月 本校創立10周年記念式典挙行
45年 7月 総合グランド整備
47年   日本福祉大学附属立花高等学校を立花高等学校に改称
49年 9月 立花高等学校、学園総合移転計画のため仮移転
(山里町より東500m八事裏山へ)
55年 4月 立花高等学校校名変更(日本福祉大学付属高等学校となる)
57年 4月 付属高等学校新校舎完成(知多郡美浜町奥田)1・2年生移転
57年 12月 演劇部中部地区大会出場(奨励賞受賞)
58年 4月 学園総合移転計画完成(日本福祉大学新校舎完成、付属高等学校全学年揃う)
59年 9月 多目的教室(3教室)を増設
60年 9月 社会福祉協力校に指定される
63年   学園創立35周年、高校創立30周年を迎える
平成
元年 3月 3年間の社会福祉協力校としての実績に対して県社会福祉協議会より表彰
2年 12月 演劇部中部地区大会出場(奨励賞受賞)
4年 8月 和太鼓部“楽鼓”全国大会に出場(最優秀賞受賞)
5年   学園創立40周年、高校創立35周年を迎える
第二体育館、情報処理教室完成
9年 8月 高校全館の冷暖房工事完了
10年 7月 オーストラリア語学研修をスタート(生徒18名参加)
11年 2月 付属高校後援会設立
11年 3月 情報処理室整備完了
13年   学習室・相談室設置、生協購買増築
14年   新制服の制定、スクールバス運行開始
15年   学園創立50周年、高校創立45周年を迎える
18年   総合競技場完成
19年   文理、福祉社会、国際・英語の3コースからなるコース制を2年次より導入
20年   学園創立55周年、高校創立50周年を迎える
pagetop